橋本英夫の知的好奇心

 

啐啄と阿吽の呼吸(イキ)

 
   

 卵を内からつつく雛鳥、外から卵をつつく親鳥。
内と外の絶妙のタイミングが一瞬でも狂うと雛鳥には「死」が待ちうけている。
そこには天地不思議の妙が「啐啄同時」という呼吸(いき)をつくる。
 しかし、卵の内と外の関係では親子という認識があるのだろうか。
私たち人間の理性で考えると親子という関係を認識するが、
天地自然の理では、生存本能の生命維持装置が働いたにすぎない。
 卵の殻を破って、個別の生命体が顔をあわせた時に親子という関係になる。
子が親を選んだわけでなく、子が親に選ばれたわけでもない。
瞬間から親子という関係を受け入れ、子は親の真似をし、親は子を慈しむ。
そこに親子の『情』という絆が生まれる。

 さらにまた「真似る」とは「学ぶ」を語源にしている。
子は親を真似ることからはじまる。
この親子の関係は、師弟の関係に通じている。
 弟子は師匠の言動を真似ることからはじめる。
弟子は、手段方法、その技術の一切を訊かない。
見よう見まねではじめる。
師匠も、それについて何も教えない。
そこには、タイムラグという時間的環境が一切ない。
つまり『阿吽』の呼吸というものである。

   師匠のすることに心の中で疑問や反撥を感じていても、
師匠の一挙手一投足の動きを一瞬のうちに理解する。
そして、師匠が心の中で求めている動きができるようになる。
理屈などいらない師弟同士の世界観。
つまり、それが『免許皆伝』というものである。

 そういう師弟関係が、今の時代にあるだろうか。
師匠を信じ、無条件で受け入れる力が弟子にあるだろうか。
弟子には理屈が先に立ち、
師匠のすることに合理性がなければ受け入れることがない。
それが現代社会の歪みになっている。
これでは師弟の関係は成りたたない。
師弟の『真理』は無条件が第一歩である。

 免許皆伝者である人、すなわち師匠には、
弟子への思いやり、労り、慈しみがある。
それを周囲に投げる。
一灯が万灯になる心。
つまり、それが『仁義』というものである。 

 こういう素直で謙虚な心を基礎にして、政治、社会、経済、経営などを語る。
生きるというすべてを語ることのできる国、それが日本という国で誇りとするところだ。
 日本の企業は、誇りを第一義にした人間関係=コミニュケーション=阿吽・啐啄の親子・師弟関係をつくろうとするところに凄みがある。


   
 

バック ナンバー

 
 

モノからコトへ=文明と文化の核融合【モノとコトの核融合】

   
 

着だおれ京都から発信